#57

私はいつかあなたに聞いてしまいそうな気がする

きっとあなたは覚えていないのに

忘れられない記憶

 

どうか、嘘であってほしい

広告を非表示にする