お姉ちゃん

私には唯一、本当の姉のように慕っている人がいます。

年に2回ぐらいしか会えないけど、本当に本当に大好きなお姉ちゃん。

でも、その人と5年以上、連絡すら取っていませんでした。

最後にその人に会ったときは、その人が思春期に入ってしまって、食事の時以外なかなか部屋から出てこようとせず、あまり話せなかったんです。

それ以来、受験やら就職やらで会えないことが続いて、気がついたら5年は月日が流れてしまっていました。

ずっと会いたかったけど、連絡先もわからなくなってしまったし、何より、5年も会いに来てくれなくて、いつからかその人のことを怖く感じるようになっていました。

嫌われてるんじゃないかって。

最後に会った時の印象も最悪ですし。

成人式の写真を見たんですけど、元々すっごい美人で可愛くて、可愛すぎて女に妬まれていじめられていたぐらい、本当に顔立ちが整っている人なんですけど、更に美人になってて。

「今こんな感じなんだ」って、なんだかまた遠く感じて。

でも昨日、ついに会えるチャンスが来たんです。

その人の母親から勤務先を聞いて、会いに行くことにしたんです。

その人はお菓子屋さんで働いているので、職場に行って会うのは簡単です。

ドキドキしました。

成長したって思われたいって思って、バッチリメイクしていきました。

いきなり来たらどんな反応するんだろう、迷惑がられるかなって、恐る恐る行ったら、その人が私に気付くなりカウンターから急いで出てきてくれて。

「えー!!どうしたの!?何年ぶり!?」って、笑顔で、手を振って、走って出てきてくれて、ずっと前の、優しくて明るくて、大好きなお姉ちゃんそのまんまでした。

まるで5年の空白なんてなかったかのように、普通に話して、冗談言って叩かれて、笑いあって、って、楽しかったあの日々に一瞬で戻ったんです。

本当に嬉しかった。

会いに行くか、本当は迷ったけど、行ってよかったって心からそう思った。

チーズケーキを買って帰ったんですけど、帰ってから開けてみたら、チョコケーキも入ってて、でも急いでレシートで確認したらチーズケーキしか買ってないことになってて。

ケーキ、本当においしかったよ。お姉ちゃん。

やっと、心の中にあったわだかまりみたいなものが溶けだしていきました。

嬉しかったなぁ。なにもかも。

なんか書いてたら涙出てきた(笑)

また会いに行くからね、変わらずにいてね。

f:id:lily_bee:20170508004618j:image